世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

影響されすぎないこと

 『城』の主人公の身には理不尽なことが続けて起こっていますが、それに影響されすぎていないように見えます。
 人からされることに動じないからこそ、この作品の話が進んでいるように思います。動じすぎる人であれば、その人の話は作品として成り立たなさそうです。
 不条理の中でも影響されすぎずにいるからこそ主人公が難しいながらもまわりの状況に立ち向かっていけるのならば、不条理な現実の世界でも、影響されすぎずにいることは役に立ちそうです。