読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

再会

 『ジャン・クリストフ』の主人公は、さまざまな人と出会い、そして別れていますが、最近読んだあたりでも偶然のようなことをきっかけに人との新たな関係が始まっています。
 その中で、電車で移動中に停車したときに、その少し前に知り合った人が反対方向の電車に乗っていて再会する場面がありましたが、さすがにやり過ぎのような気がします。主人公にとってはそれほど重要視していなかった人のようですが、また登場すると思いますし、どの程度大事な役割を演じるかに興味があります。