世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

近所づきあい

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフの新しい友人の家庭に関する記述が続いています。
 父親の仕事上の失敗とその結果のために、家族は町の中での立場がとても悪くなります。小さい共同体の中で、助け合うことが生活の基本になっているのではないかと思いますが、何かがおかしくなると、それまでとは反対に助けを得られない、言ってみれば村八分のような状態にされてしまうということは実際にありそうです。そういうときでも力になってくれるのが本当の友なのでしょう。そういう人になりたいと思います。