世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

普通の人々とともにいること

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、心に大きな影響を受けるような経験をします。友の支えがとても力になっている様子が描かれています。
 そのような変化の中で、クリストフはいわゆる普通の人々とともにいることについて強い確信を抱くようになったようです。クリストフ自身は天才として描かれていますので、普通の人とは違いますし、音楽家としての立場も変わってきている中であることから、さらに印象深いものがあります。
 1つの巻が終わり、また新たな巻が始まります。