読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

成功のむなしさ

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、ある女性と親しくなり、その人物とともに過ごす時間についての記述がしばらく続きます。その中のある会話が気になりました。
 2人ともそれぞれの世界で成功を収めていますが、その女性は、馬鹿でないかぎりは成功は不成功以上にむなしいということがわかるはずだというようなことを言います。そして、クリストフはそれに同意します。
 成功した人にだけわかることなのでしょうが、成功に向けて努力しているときの方が成功を手にしてからよりも充実しているということだと想像することはできるものの、実感はありません。