読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

人の幸福の探し方

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフの友人は、社会問題に関心を向けます。クリストフとこの友人は、ほかの人たちの幸福について対照的な考え方をしています。
 クリストフは、人を幸福にしようと思うならば自分が幸福でなければならないと考えている様子です。それに対して友人は、ほかの人が幸福でないのに自分が幸福になっていいのかを気にかけます。
 どちらも真剣な考えだと思いますが、友人の考え方には、だれも幸福でないまま時だけが過ぎる恐れがあると考えました。