世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

同質性の高い社会

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、スイスのある町で生活することになりました。
 それまで住んでいたパリと比べると規模がかなり小さい共同体である様子です。その町の人たちのことが述べられていたところによると、かなり同質性の高い社会のようです。同じようなことを考えている人たちが集まっていて、そこから外れる人が少ない集団です。
 客観的にそういう記述を読むと窮屈そうに思いますが、そこに適応する人たちにとっては居心地が良いともいえそうです。自分にとっては嫌だと思いながらも、すでにそういう共同体の一部になっているような気もします。