世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

越えてはいけない線

 『ジャン・クリストフ』の今日読んだ箇所では、主人公であるクリストフがあることについて越えてはいけない線を越えます。そして自らを咎めます。
 ずるずると引きずり込まれる様子は蟻地獄のようでした。読んでいて愉快でない記述でしたが、人間についての事実の一つの表現なのだと思います。そして、クリストフの葛藤する様子は現実味がある気がします。だからこそ読んでいて重苦しさを感じます。