世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

人から評価されない芸術

 『ジャン・クリストフ』の主人公であるクリストフは、難しい時期を脱して、芸術家としての創作もハイペースで進むようになりました。
 その作品は、自らの心から出てくるものをそのまま形にしたもののようで、通常の物差しで評価できる範囲を超えている様子です。人からは理解されずとも、芸術家としては最も充実した時期を迎えているのだと思います。
 最後から2番目の巻を読み終え、最後の巻に入ります。