読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

危険な仕事

 『白鯨』の主人公は、捕鯨船に乗る人たちが出発する前に行っていたという礼拝堂に行きます。著者のメルヴィルもそこに行ったことがあるそうです。
 そこで示されているのは、捕鯨は命まで危険にさらすような職業である、ということです。そして、命を落とした場合、家族の手元に遺体が届かないことが多そうです。
 軽めの語り口で話が進んできたこともあり、捕鯨の危険について考えていませんでしたが、主人公が危険な旅にでようとしているということがわかりました。