世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

偶然と自由意志と必然

 『白鯨』で、主人公が友人と一緒になわで織物を作りながら考えたことを読みました。
 規則正しく動いているものに自分が手を加え、さらに友人のランダムな動きが加わることで、できる織物が違う作りになっていたようです。それを見た主人公の考えたことは、偶然と自由意志と必然とが関わりあって物事が起きる、というようなことであると理解しました。うまいことをいうと思います。