世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

シドン

 『イリアス』の今日読んだ箇所に、シドンという聖書で見たことがある地名が出てきました。
 シドンは現在のレバノンに位置していたフェニキア人の都市であるようです。この作品の舞台になっているトロイアは現在のトルコの西の方で、シドンとはかなり距離がありますが、地中海を航海して行くことが可能だったということなのでしょう。
 自分が少しでも知っている地名が意外にも出てくるとおもしろいものです。