世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

隣人たち

 『マルテの手記』に、一人暮らしをしている主人公の隣人たちが取り上げられている記述があります。

 主人公は直接には接していないながらも、隣人が変わった行動をしていることは伝わってきている、という取扱いになっています。関係がある人の行動となると影響を受けますが、関係がない人の行動であれば客観的にとらえることができます。隣人を訪ねてきたはずが誤って主人公の部屋に入ってきた人からその隣人がしていることの理由を聞いて、それが記されている、というのは巧みな描き方だと思います。