世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

後悔

 『風と共に去りぬ』のある登場人物が、自分のしたことを悔いる意外な一面を見せる場面があります。
 実際に良くないことをしていますが、それまでの、人のことなどお構いなしというような姿勢とはとても異なる態度を示しています。そのようなときにこの人物が心を開く相手は、だれに対しても子どもをいたわるように接するある女性でした。受け入れてくれる母親のような存在をこの人物は求めていたのかもしれません。