世界文学全集への挑戦、2年目に突入

40代既婚の男がふと思い立って世界文学全集に挑んでいます

2代前の王

 マリー・アントワネットの夫であるルイ16世の祖父の曾祖父であるルイ14世のことが『マリー・アントワネット』の中で紹介されていました。
 絶対王政を確立した人物で、基礎になるようなものがないところからヴェルサイユ宮殿を建てて権勢を示したようです。「朕は国家なり」という言葉はこの人物によるようです。
 2代後の王の時代に革命が起きたということですから、その転落には激しいものがあると思います。ルイ14世が財政を傾けたようですので、もうその頃から滅びの兆しがあったということなのでしょう。